“叱:こごと” の例文
“叱:こごと”を含む作品の著者(上位)作品数
木下尚江1
“叱:こごと”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
母のいた洋琴オルガンの前にわることの外は無かつたのです、私の文章も歌も何時も母のことばかりなんですから、貴嬢の思想は余り単調だと、先生におこごとうけましたの——其れから学校を卒業する
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)