“驂”の読み方と例文
読み方割合
さん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
便りにし廻る中大井川の彼方なる岡の方に何やら犬のて爭ひ居しゆゑ立寄しに犬は其品を置て一行しまゝ右の品を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
見渡すに夜中の事ゆゑ夫なりと目當は知ねど女の聲ヤヨ人殺し/\助け給へと叫ぶにぞこそ惡漢御參んなれと猶一馳着て用意の延棒を追取直してこみて女房をたる惡漢どもを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)