“さっ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
82.6%
10.7%
2.0%
1.6%
1.2%
0.4%
察知0.4%
推察0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
視線の向う所は黒部川の上流を取り巻いて、天半に揺曳する青嵐の中にと頭をげた、今にも動き出すかと想われる大山岳である。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
ここに立ったふたりのようすからすると、いつか伊那丸もかれを了解しているし、龍太郎も主君のごとくっているようだ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
単身てその跡をすこともあらんには、世間の人も始めてその誠のるところを知りてその清操し、旧政府放解始末も真に氏の功名にすると同時に
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
時は五時に間もないので思い切ってき見た小屋に泊り、明日大峠を越えて白井差に行こうと思案して、元の路を引き返して小屋に着いたのは六時少し過ぎであった。
奥秩父の山旅日記 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
這裡の消息を知ろうと思えばやはり懸崖に手をして、絶後に再びえる気魄がなければ駄目だ
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
しい、ちもちもかん輪索陥没ってしまったのです。もう万事休矣です覚悟はしています。』
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
まだ別段親の口からも叔父の口からも何という相談が来た訳でありませんが僕の親と向うの親との間にその下心なきにあらずで一昨年帰省した時、僕がそれを察知したのです。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
男はむっとしたように黙り込んでしまいましたが、その荒々しい息づかいから推察して、どんなに彼が怒りに燃えているかを私は知りました。
耳香水 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
峯の御坊寺はごぞんじでしょうが、雨風に荒れてはいますが、一度お詣りをしたあとはぱりとしたよい心持でございます。
あじゃり (新字新仮名) / 室生犀星(著)
あるいは州より起これりといい、あるいは外国より来たるというも、みな坊間の風説にとどまりて、確固として信を置くべきものなし。
妖怪玄談 (新字新仮名) / 井上円了(著)