“みい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
魅入25.4%
見入22.4%
9.7%
実入7.5%
視入6.7%
見出3.7%
三井3.0%
2.2%
収入2.2%
凝視1.5%
御井1.5%
1.5%
熟視1.5%
1.5%
瞠入1.5%
三輪0.7%
0.7%
美津0.7%
0.7%
實入0.7%
0.7%
憑入0.7%
看入0.7%
0.7%
見瞠0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くも溺れるようになったのか、あの人の心に天魔が魅入ったと思うよりほかはなく、それが口惜しくて口惜しくてなりません。
大菩薩峠:18 安房の国の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
その羽音を、くともなしにきながら、菊之丞枕頭して、じっと寝顔見入っていたのは、お七の着付もあでやかなおせんだった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
母の胎内にいた時のことを忘れたように、自分が僧侶の身であることを忘れて、まったく悪魔にられるほどの恍惚たる心持ちになったのでした。
それは太夫元がふと恐しい密謀を洩れ聞いたので、前途のある玉之助のために、実入りのよい興行を閉場てしまったのであった。
竹本綾之助 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
彼が驚いたのは当然であつた。彼が何心なくぽかんと視入つてゐた大空の一角には、実にらに星を其形に並べてめたとしか思はれぬ巨大な十字形の一星座が判然と見えるのであつた。
それに対する地球の引力は距離の遠いだけ減っているのを見出だし、その大きさが丁度距離の二乗に逆比例するということを計算で出したのでした。
ニュートン (新字新仮名) / 石原純(著)
それから附近の村里を問合せてみたが、三井郡にはたしかにあって、他の郡にはまだあるという人を知らぬという。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
人は高坂の、私の名ですね、光坊が魔にられたのだと言いました。よくこの地で言う、あの、天狗われたそれです。また実際そうかも知れんが、幼心で、自分じゃ一端親を思ったつもりで。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
近所界隈事情合いには精通しており、戸々の収入りから女房たちの前身、亭主の尻の腫物までも知りぬいている。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ああこんなに面白い生き方もあったのかと、私は固いクッションの上に坐りなおすと、飽きる事もなく、なつかしくいじらしい自分の百面相に凝視ってしまった。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
ですからその子の名を木の俣の神と申します。またの名は御井の神とも申します。
。」
湖水の女 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
時々同室者等けて、って、かをけて、めて熟視っている様子かもし近着でもすれば、そうにいでからかをってしてしまう。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
彼等は厳粛な顔をしてかの女のつく手をった。
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
そういいながら、かの女はって頼母しそうにむす子の顔をつくづく瞠入った。
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「ちと薄気味でも悪いようだと、御愛嬌になるんだけれど……にもにも、一向要領を得ないんです、……時にだね、三輪ちゃん。」
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いよ、三輪ちゃんで沢山だ。お話し、お話し、」と雑貨店主、沢岡が激ました。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しこの世の中からその楽を取去つたら、世の中は無い! 貫一といふ者も無い! 僕はその楽と生死にするのだ。さん、可羨いだらう
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
翁さん姨さんの頼と有つて見れば、僕は不承知を言ふことの出来ない身分だから、唯々と言つて聞いてゐたけれど、さんは幾多でも剛情を張つて差支無いのだ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
何や……怪我貴方は何やかて、美津さんは天人や、その人の夫やもの。まあ、二人して装束をお見やす、を並べたようやないか。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
弟、妹の分にして、丸官はんには言わせぬ。よって、安心おしやすや。え、嬉しいやろ。美津さんが、あの、嬉しそうなえ。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「もらい物ですが、毅一さんとちゃんに。まだ学校ですか、見えませんねエ。ああ、そうですか。——それからこれはさんに」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
はどうした? おう、そうか。そうら、伯母様がこんなものをくださッたぞ。うれしいか、あはははは」と菓子の
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
與力でも、盜賊方地方とは、實入りがいといふことを、公然祕密にしてゐるだけあつて、ひでもまた一際目立つて美々しかつた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
あの白蛇は山口県の吉川藩のお米倉にできる本統の「さん」で、名古屋辺りの人造白蛇でない、目の赤い純白のもの。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
裸に憑入る魔の葛籠笠と、この凶精に取っつかれた美しい処女と——。
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
小次郎は、飽かず看入っていた。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「まあ、ちゃん、こんなに遅く!」と、新子は、つい自分の遅いのも忘れて、姉らしくとがめた。
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
鼈四郎は病友の屍体肩尖に大きく覗いている未完成の顔をつくづく見瞠り「よし」と独りいって、屍体を棺に納め、共に焼いてしまったことであった。
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
難行苦行して漸く江戸へ着いた所が、頼る所もねえので投げて死のうかと思う所を助けられ、其の人のに十一年の間奉公をして、漸々人になりやした。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)