“御愛嬌”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごあいきょう66.7%
ごあいけう25.0%
ごあいきやう8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御愛嬌”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「ちと薄気味でも悪いようだと、御愛嬌ごあいきょうになるんだけれど……なんにもにも、一向要領を得ないんです、……時にだね、三輪みいちゃん。」
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
憤慨ばかりが能ではあるまいから、一つ汽車中の駄洒落を御愛嬌ごあいきょうに記そう。
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
「ま、とんだ御愛嬌ごあいけうですこと………」と若々わか/\しく笑ふ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
例へば日本の皇帝は煙管きせるを沢山もつてゐて、毎日違つた煙管で煙草をのむなどといふことを真面目まじめに記載してゐるのはすこぶ御愛嬌ごあいけうといはなければならぬ。
日本の女 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
御愛嬌ごあいきやうか、またしてもとんぼがへり。
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)