日本の女にっぽんのおんな
ここに面白い本がある。本の名は「ジヤパン」で、発行されたのは一八五二年である。著者はチヤアレス・マツクフアレエンといひ、日本に来たことはないが、頗る日本に興味をもつた人である。少くとも、興味をもつたと称する人である。「ジヤパン」は、この人が …
作品に特徴的な語句
かうむ 微笑びせう げん かかは 接吻せつぷん 饗応きやうおう しも をつと くはだ 失策しつさく 明日みやうにち 水際みづぎは 紹介せうかい みづか あひだ もと 何人なんびと 峡湾けふわん 幽閉いうへい ゑが 日本につぽん 直隷ちよくれい たくは 見聞けんぶん 貞操ていさう つらな 一切いつさい 一笑いつせう 一緒いつしよ くだ 両側りやうがは 傾聴けいちやう おほやけ 凌辱りようじよく 到底たうてい 刺客せきかく 吹聴ふいちやう 品川しながは 嘆息たんそく 多勢たぜい 大勢おほぜい 如何いかん 存外ぞんぐわい 完備くわんび もつと 屈辱くつじよく 往生わうじやう 待遇たいぐう のち 所以ゆゑん あふぎ 揷絵さしゑ 支那シナ すう たふ 書肆しよし 末年まつねん 枚挙まいきよ 正鵠せいこう ほと きう をか なほ 生捕いけどり 田舎ゐなか わたくし とう 蒐集しうしふ 誘惑いうわく だれ 辛抱しんばう 銀杏いてふ 露台ろだい かへり 駐剳ちうさつ うぐひす 一人ひとり 万延まんえん のぼ うち 乃至ないし 二人ふたり 人事ひとごと 今日こんにち 代物しろもの 伽藍がらん 余程よほど 兵站へいたん 出島でじま 古今ここん 嘉永かえい あざけ