日本の女にっぽんのおんな
ここに面白い本がある。本の名は「ジヤパン」で、発行されたのは一八五二年である。著者はチヤアレス・マツクフアレエンといひ、日本に来たことはないが、頗る日本に興味をもつた人である。少くとも、興味をもつたと …
作品に特徴的な語句
嘆息たんそく かき 生捕いけどり 品川しながは 書肆しよし 浅草あさくさ 存外ぞんぐわい 熱海あたみ 差当さしあた 正鵠せいこう 讃美さんび 歯朶しだ 古今ここん 往生わうじやう 鬱々うつうつ 人事ひとごと 枚挙まいきよ 長崎ながさき 刺客せきかく 見聞けんぶん 捕手とりて 紹介せうかい 一笑いつせう 無勢ぶぜい 凌辱りようじよく をか 不意打ふいう 平戸ひらど 格闘かくとう 揚子江やうすかう 出島でじま 架空かくう 見届みとど 露顕ろけん 両側りやうがは 傾聴けいちやう 国姓爺こくせんや 待遇たいぐう 屈辱くつじよく 幽閉いうへい 御愛嬌ごあいけう 批難ひなん 由井正雪ゆゐしやうせつ 貞操ていさう 露台ろだい 河南かなん 緩和くわんわ 富士山ふじさん 逮捕たいほ 売淫ばいいん 幕末ばくまつ 文献ぶんけん 御亭主ごていしゆ 駐剳ちうさつ 誘惑いうわく 丸橋忠弥まるばしちゆうや 家常茶飯かじようさはん 大饑饉だいききん 末年まつねん 桜田門外さくらだもんぐわい 近松門左衛門ちかまつもんざゑもん 峡湾けふわん 完備くわんび 揷絵さしゑ 井伊大老ゐいたいらう 忠臣蔵ちゆうしんぐら 直隷ちよくれい 読書子どくしよし