“同室”の読み方と例文
読み方割合
どうしつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くてイワン、デミトリチは宿も、療治するも、いので出來兼ぬるから、幾干もなくして町立病院れられ、梅毒病患者同室するとなつた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
……で、山高突立ち、背広つたのは、同室。で、こゝで一人——上野るとたまゝの外套氏ばかりをして、下車したのである。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
かくてイワン、デミトリチは宿ることも、療治することも、いので出来兼ぬるから、幾干もなくして町立病院れられ、梅毒病患者同室することとなった。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)