妖怪玄談ようかいげんだん
余、幼にして妖怪を聞くことを好み、長じてその理を究めんと欲し、事実を収集すること、ここにすでに五年。その今日まで、地方の書信の机上に堆積せるもの幾百通なるを知らずといえども、そのうち昨今、都鄙の別なく、上下ともに喋々するものは狐狗狸の一怪事 …
作品に特徴的な語句
のう えん じょう そう 燧火ひうち ぼう しょう たたり さっ 装置しかけ おう ろう 脊髄せきずい 祈祷きとう そう 苗字みょうじ 狐火きつねび ひも 肥後ひご わざわい 肥前ひぜん 禽音きんいん 美濃みの たて ふし 飯櫃めしびつ 鶯声うぐいすのこえ 鵑声ほととぎすのこえ 鯨尺くじらじゃく 鬼火おにび ひげ だま 駿すん 飯鉢めしばち 飯蓋めしぶた 苧紐おひも 醒覚せいかく 酩酊めいてい 酒肴しゅこう 都鄙とひ 輿論よろん 藁縄わらなわ 蔓延まんえん ふた 茶壺ちゃつぼ 卜筮ぼくぜい 容貌ようぼう 子息むすこ 女竹めだけ 天狗てんぐ 外貌がいぼう 墨色すみいろ 堆積たいせき 坊間ぼうかん はや 喋々ちょうちょう 尾濃びのう 卜定ぼくてい ぼく 偶合ぐうごう 信濃しなの しん 供物くもつ 伝播でんぱ 会注かいちゅう 伊具いぐ 云云うんぬん ごう 癲狂てんきょう 甚句じんく たぬき いぬ 狐狸こり 一傾いっけい きつね もの 深淵しんえん なんじ 発兌はつだ 楽戯あそび 棒寄ぼうよ 於辰おたつ おし 放蕩ほうとう 惹起じゃっき 情郎いろおとこ 御傾おかたぶ 巫覡ふげき