“伊具”の読み方と例文
読み方割合
いぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ご一族では、阿曾弾正少弼、名越遠江守、大仏陸奥守伊具ノ右近大夫、長崎四郎左衛門」
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
このごろ宮城県伊具郡川張村、山本氏より寄せられたる報知によるに、該地に行わるるところの仕方は、大いに他の地方のものと異なるところあるがごとし。ゆえに、その大略を左に掲ぐ。
妖怪玄談 (新字新仮名) / 井上円了(著)
「太守。……なにとぞ、おこころしずかに。……いかなる事態が迫りましょうと、この崇顕から長崎、伊具普恩寺らのたくさんな御一族も、おそばにおりますことなれば」
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)