“幇”の読み方と例文
読み方割合
たす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或日五百は使をって貞白を招いた。貞白はおそるおそる日野屋のいだ。兄の非行をけているので、妹にめられはせぬかとれたのである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
遊女などに酒興をけさしていたのを、やがてその踊子を用ゆるに至った、それがつまり女芸者の起りだ。
残されたる江戸 (新字新仮名) / 柴田流星(著)
おつぎは勘次仕事けてた。にも念佛寮ばれた卯平れてはなかつた。おつぎは火事勘次へはつて念佛寮いてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)