“角鷹”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くまたか66.7%
つのたか33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“角鷹”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 戯曲50.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あれはスチュムファアリデスです。角鷹くまたかくちばし、7220
角鷹くまたかのようにあなたの命の根をつつく1635
しかも今見れば、身拵みごしらえも宵とはちがって、草鞋わらじをはき、はかますそを巻きくくり、大太刀を横ざまに帯びて、角鷹つのたかのようなけわしい眼をあたりへ払っている様子——見るからに殺伐さつばつな血のにおいをすぐ思わせる扮装いでたちなのだ。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)