“栴檀”の読み方と例文
読み方割合
せんだん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近くに土橋がかかっており、その袂には栴檀の古い木があるので、その橋を栴檀橋というのだそうだ。僕にはその名称も気に入った。
次郎物語:03 第三部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
そのライラックの木の西に、まだ芽を出さない栴檀青桐があり、栴檀の南に、仏蘭西語で「セレンガ」と云う灌木の一種があった。
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
そこまで、云いつづけているうちに、頭上にある栴檀の梢から、白い花弁が、その雪のように舞い落ち、滝人の身体はよほど埋まっていた。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)