“推察下”の読み方と例文
読み方割合
すゐさつくだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頼みに大膽なることを致され申さんや此所能々御推察下さるべしと申しければ主税之助は蹴立扨々く云ひぬかす女めより外に此手引をする者なしに因て汝を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)