“推察力”の読み方と例文
読み方割合
すゐさつりよく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
本人の幸吉も承認してをりますが、あとはお常のいつたこと以上はなんにも知つてゐず、この男の賢さは附け燒刄で、個性も洞察も推察力もなんにも持つてゐないことを