“推下”の読み方と例文
読み方割合
おしさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
腰帯を〆めてふくらみたる胸のを下に推下げたる後、の下に結ぶもの下〆なり、品類は大抵同じ、これも外には見えざるなり、近頃花柳艶姐、経済上
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)