“頭尾”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もとすえ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“頭尾”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
心におおいなる慈悲をいだくものあらばその端厳さ千万倍なり、今の汝をそれに比べば獼猴さるの如くに劣りなんと答ふるに、天神はまた栴檀せんだんの木の頭尾もとすえ知れざるものをいだして
印度の古話 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)