“徹頭徹尾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てっとうてつび94.7%
てつとうてつび5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
従って余の博士を辞退したのは徹頭徹尾主義の問題である。この事件の成行を公けにすると共に、余はこの一句だけを最後に付け加えて置く。
博士問題の成行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この夜叉王は徹頭徹尾芸術本位の人で、頼家が亡びても驚かず、娘が死んでもまず、悠然として娘の断末魔の顔を写生するというのが仕所
人達不奉公反射だとつたからの世間てもなくしめる惡黨もなければ、神樣だとて徹頭徹尾きをせるといふばすまい、何故ならば
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)