“仕合故”の読み方と例文
読み方割合
しあはせゆゑ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夏狂言評好く拙作の所作事勤候處、先づ勤めてのき候故、去顏見せには三座より抱へに參候仕合故、まづ役者にはなりすまし申候。」
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)