“仕合谷”の読み方と例文
読み方割合
シアイダン100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仕合谷の泊り場へおりる所は、黒部特有の、大きな熊手でかいたような縦皺の一つだったが、で(硫黄沢の経験から、こんどはロープを用意していた)
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)