“仕合場”の読み方と例文
読み方割合
しあいば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
庭の小広い片隅に、源三郎についてきている伊賀侍どもが、ワイワイ言いながら仕合場のしたくをしているのを、峰丹波、こっちの部屋で、どんな心で聞いたことか。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)