“取混”の読み方と例文
読み方割合
とりこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「何の御用か存じませぬが、あいにく今日、当家はかような取混。おかまいも出来ません。どうかまた他日でもお立ち寄りを」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
取混みのところを氣の毒だが、錢形の親分が、どうしても一萬兩の金を今日明日中に見付けてやらうと言ふんだ」
気のすすまない婚礼が、もう明日に迫っていた。その取混みの中に
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)