“手沢本”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅたくぼん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手沢本”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
抽斎遺す所の手沢本しゅたくぼんには、往々欄外書のあるものを見る。此の如き本には『老子』がある。『難経なんけい』がある。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
書籍は英文のものは初よりあらたに買うことを期していたが、漢書は弘前から抽斎の手沢本しゅたくぼんを送ってもらうことにした。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)