“手沢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅたく75.0%
しゆたく25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今ではその跡にバラック住いをして旧廬の再興を志ざしているが、再興されても先代の椿岳手沢の存する梵雲庵が復活するのではない。
わたくしはこの尺牘を鷲津松隠が手沢の詩文稿について見た。詩文稿は尾張丹羽村なる鷲津家の当主順光翁の蔵する所である。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
蘭軒手沢の書には古いものが多かつたが、大抵鈔本であつた。それゆゑ当時最古の刊本として明堂鍼灸経を推したのであらう。明堂鍼灸経とはいかなる書か。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
ユウゴオの手沢の存する一卓の上に故人の用ひた鵞筆と銅のインキ壺を始め、友人であつたラマルチン、アレキサンダア・ヂユウマ、ヂヨウヂ・サン三人の筆や墨壺が載せてあつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)