“梵雲庵”の読み方と例文
読み方割合
ぼんうんあん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今ではその跡にバラック住いをして旧廬の再興を志ざしているが、再興されても先代の椿岳手沢の存する梵雲庵が復活するのではない。
その後今の向島梵雲庵へ移って「隻手高声」という額を掲げて、また坐禅三昧に日を送っていたのでした。けれども真実の禅ではなく、野狐禅でもありましたろうか。
我が宗教観 (新字新仮名) / 淡島寒月(著)