“てすり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:テスリ
語句割合
欄干40.6%
手摺26.6%
17.2%
手欄8.6%
勾欄1.6%
1.6%
手擦0.8%
鐵欄0.4%
人形遣ひ0.4%
手摩0.4%
0.4%
檻楯0.4%
鉄柵0.4%
鉄欄0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
酒倉のうちつゞく濱端の一地點に建てられた二階家の欄干に近々と浪が寄せて、潮の香の鼻をつく座敷で、夜の更ける迄酒を飮んだ。
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
プロムナアド・デッキの手摺りかかって海にいていると、うしろからかれ、振返ると丸坊主になりたての柴山でした。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
形ばかりの銕線はあるが、つかまつてゆる/\渡る氣にもなれぬ。下の流れを見ぬ樣にして一息に渡つた。橋の長さ二十四間。
熊の足跡 (旧字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
「どれ、拙者が喜捨してつかわそう」森啓之助が、なにがしかの小粒銀を紙入れからつかみだして、手欄の方へ立ち上がった。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
画題は〈楊貴妃〉それもあの湯上りの美しい肌を柔らかなに包んで勾欄に凭れながら夢殿の花園を望んで見ると言った構図で、尤も湯上りと言いますと何だか意気に
それは雕彫をした朱のの見える美しい舟であったが、中から笙に合せて歌う歌声がかすかに聞えていた。水の上には霞がかかってあるかないかの波がく画舫にからんでいた。
西湖主 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
小野さんは橋の手擦に背をたせたまま、内隠袋から例の通り銀製の煙草入を出してぱちりとけた。を置いた埃及煙草の吸口が奇麗に並んでいる。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
矢張かないますねえ。』と春枝夫人此時しきべて、日出雄少年にずつと船端つて、鐵欄れてかなる埠頭めつゝ
『サンガロー——おつかさん、彼處にあるんですねえ。』と少年兩手鐵欄せて
相応資本を父からけられると、それでもつて竹本座のり芝居を買取つて、座主、興行、兼作者として奮闘し、正面のを横に、人形遣ひを三人に改めたり
続いて「へい、何か一枚御贔屓様を」と云った。二階にしていた三味線のが止まって、女中が手摩まって何か言っている。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
今夜の役は皆一流の上手ばかりを撰りすぐつて來たと云ふことであつた。
譔はれて傍にある檻楯に掻きついた。
令狐生冥夢録 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
晩秋れにたる鉄柵のうへに
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)