“膝掛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひざかけ68.8%
ひざか31.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
素鼠縮緬頭巾被れる婦人は樺色無地絹臘虎膝掛推除けて、めよ、返せとゆるを、聴かで曳々き行くより
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
余の膝掛洋傘とは余が汽車から振り落されたとき居士が拾ってしまった。洋傘は拾われても雨が降らねばいらぬ。
京に着ける夕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
の上に乗せた土産のおもちゃや小さな帽子などをやきもきしながらひねり回したり、膝掛けの厚いをぎゅっと握り締めたりして
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
鉄さんは景気よく根太のつくろいをして、戸棚の中に敷いていた花莚をおき、松さんは膝掛けを敷いて祖母とあたしのいるところをつくった。