“啌”の読み方と例文
読み方割合
うそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何か世間にない書物の名をえてでも書いてやろうかと思うたが、いずれ先方も十分支度して掛かったはずと惟えばそうもならず。
此様な事ならまだ幾らでも列べられるだろうが、列べたって詰らない。皆だ。でない事を一つ書いて置こう。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
魚屋大声を揚げてつきの牝犬め、わが夫は十年来離さず犬の皮のパッチを穿いているが、彼処肉荳蔲のように茶色だとったそうだ。