“適応”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にあ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“適応”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
年の行かぬ小歌にはたえかね接穂つぎほなく、服粧なりには適応にあわず行過た鬼更紗の紙入を、要もないに明て見て何か探す容子、箱丁はこやがそっと入れて行った三味線は
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)