“適々”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たまたま85.7%
たま/\14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“適々”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 東洋思想 > 日本思想0.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だから適々たまたま借りた金が返せないとなつた時の不都合は凡そ愚劣で話にならない。
総理大臣が貰つた手紙の話 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
適々たまたま高煦こうこう華衆かしゅう等を率いて至り、追兵を撃退して去る。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
恐ろしい病気が現われた時に病気が発生したのではなくて、発生そのものは遠い以前にあって、適々たま/\何かの誘因で、それが突然現われるものであることは、多くの人の知っていることだが、僕のは全くそれなのだ。
黄鳥の嘆き (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)