“でく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:デク
語句割合
木偶71.0%
土偶8.7%
出会5.8%
出喰5.1%
出来2.9%
出逢2.2%
木像2.2%
出來0.7%
傀儡0.7%
土偶像0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
晋の区純は鼠が門を出かかると木偶が槌で打ち殺す機関を作った(『類函』四三二)。北欧のトール神の槌は専らって鬼を殺した。
これからさき生かして置いてくれるなら、己は決しての人間を物の言えぬ着物のように、または土偶か何かのように扱いはせぬ。
それがどうだろう、全く偶然、その美味いたいに、はからずも出会わしたものだからたまらない。意外な掘り出しものに驚いた。
明石鯛に優る朝鮮の鯛 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
それぎりまるでわなかったのが、偶然倫敦の真中でまたぴたりと出喰わした。ちょうど七年ほど前である。その時中村は昔の通りの顔をしていた。そうして金をたくさん持っていた。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
町人や百姓と伍して食物をり合わねばならぬ、犬猫同然の国民平等の世界に、一日でも我慢が出来るか……とか何とか云って鼻の頭をコスリ上げている。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そういうの悪い日和出逢わして、初日から半月位の景気はまるで一時の事、後はお話にもならないような不景気となって、これが七月八月と続きました。
井上玄蕃樣は木像も同樣、あとは馬子と青侍が二人だけ、錢形の親分の目さへ光らなきや、六千兩は此方のものと、計略は前々から、練りに練られました。最初に親分のを拔く役目を
南無冥加あらせたまへ! 多勢てた嬰兒可憐であったはおぢゃ。御婚禮ることが出來れば、本望でござります。
いつも眞赤になってゐる……から永劫なぬ天福むことも出來る、ロミオにはそれがはぬ。
「やい、やいっ。あの餓鬼めの作ったとかいうその土偶像ってきて、わしの前で、蹴つぶして見せい」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)