“であ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
出逢39.5%
出遇25.1%
出会9.9%
出遭6.7%
邂逅4.9%
出會4.5%
遭遇4.0%
出合3.6%
出歩0.9%
立会0.4%
経験0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
順一が事務室に現れたのは、朝のも大分高くなっていた頃であったが、ここにも茫とした顔つきのそうな人々ばかりと出逢った。
壊滅の序曲 (新字新仮名) / 原民喜(著)
同じく宗教家の反対に出遇い、特にソルボンヌ大学の神学部ではビュッフォンを責めて、その説を取消させてしまったということです。
チャールズ・ダーウィン (新字新仮名) / 石原純(著)
っていると、ふいにくつがしたので、まさしく、出会ったと、がまえすると、いがけない、親友だったので、二びっくりした。
たましいは生きている (新字新仮名) / 小川未明(著)
しかし人間がだんだん発意を重んずるようになると、その長い独白がちょいちょい聴衆の質問や反駁に出遭って中断される。
新秩序の創造:評論の評論 (新字新仮名) / 大杉栄(著)
もう半時間もしたら自分の住まつてゐる田舎町に入らうとする頃、ロイド・ジヨージは寂しい野道で、とぼ/\歩いてゐる一人の小娘に邂逅つた。
思ひがけなく私に出會つてもそれを喜ぶものゝやうに、いつも何か一口言葉をかけたり、時に微笑みも見せるのであつた。
私はの方から麦酒の空瓶らしいのを両手にかかえて小走りに駈けて来る八つか九つぐらいの卵色の軽い服を着けた亜麻色の髪の女の子に遭遇った。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
ちやんは爪先立上り、なくなくもちにきな芋蟲出合ひました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
んでけたさへ大抵其儘にしてつていた。下宿に、ノートブツクを奇麗げて、何時ても整然秩序いた書齋にしては、出歩るいた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「いやいや。確かに竹刀離れがして来たぞ。のう平馬殿……お手前はこの、どこかで人を斬られはせんじゃったか。イヤサ、真剣の立会いをされたであろう」
斬られたさに (新字新仮名) / 夢野久作(著)
熾盛な青春の時代に逢ひ乍ら、今迄経験つたことも無ければ翹望んだことも無い世の苦といふものを覚えるやうに成つたか、と考へると
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)