“でくのぼう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
木偶坊44.4%
土偶11.1%
土偶像11.1%
担板漢11.1%
木偶11.1%
木偶漢11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして殊に眼前にただ木偶坊でくのぼうのように驚愕きょうがくしている兄の様子が、何とも言えず腹立たしくて、私はまた頭を掻きむしりたいような気持であった。
逗子物語 (新字新仮名) / 橘外男(著)
良平は、がやがや首をあつめている町人たちを、木偶坊でくのぼうのように見て、
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
土偶でくのぼうの集りのやうな芝居を見せられると、ことにさういふ気がするのである。
社会劇と印象派 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
「千の金を献上する約束をしてきたが、千ありゃ、十晩の費用が出る、土偶像でくのぼうにくれてやるは惜しいじゃないか」
賭博の負債 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
そこでかういふ問答の結果がどうかと言へば、仲間同志の禅坊主だけ寄り集つて、彼奴は悟りの分らない担板漢でくのぼうだなどと言つて般若湯はんにゃとうで気焔をあげてもゐられるけれども、然し、かういふ約束の足場は確固不動のものではないから、内省の魔が忍びこんでくる時には晏如あんじょとしてはゐられない。
(だから俺はこの男を——将軍という名ばかり持って、その実木偶でくのぼうに過ぎない男を、早く片付けようと思っているのだ)
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
大佐は彼にとってはひとりの「無頼漢」であり、彼は大佐にとってひとりの「木偶漢でくのぼう」にすぎなかった。