“ロボット”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
人造人間50.0%
機械人間10.0%
器械人形10.0%
木偶10.0%
機械人10.0%
虚器10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
妖艶な年増の魅力は、この一瞬間に蘇返って、造り変えた人造人間ロボットのような不気味な顔にも、火のような情熱と、不思議な美しさが咲き乱れます。
葬送行進曲 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
異様いような顔をした機械人間ロボットは、階段をおりきると、谷博士と五人の少年がかたまっているところへ、金属音きんぞくおんの足音をひびかせながら近づいた。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)
壁の穴のそばに立っていたグロテスクな機械人間ロボットが、がっちゃん、がっちゃんと動きだした。するとその中から、ねむがっているしゃがれ声が聞こえたのであった。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そうして自然のである人間をかたぱしから、鉄と石の理詰めの家に潜り込ませた。瓦斯ガスと電気の中に呼吸させて動脈を硬化させた。鉛と土で化粧させて器械人形ロボットと遊戯させた。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
一人は田沼主殿頭によって、大老職に引き立てられたが、完全に木偶ロボットにされているところの、彦根中将井伊直幸であり、もう一人は茶坊主の珍阿弥であった。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そして、機械人ロボットと、新らしい愛人との比較を、頭の中で、灼けつくように考えていた。
ロボットとベッドの重量 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
父のタマセセが昔、独逸ドイツ人に擁立された虚器ロボットだった関係で、小タマセセには一部独逸人の支持があったからだ。スティヴンスンは又、無益な抗議を方々に向って試みた。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)