幕末維新懐古談ばくまついしんかいこだん64 大仏の末路のあわれなはなし64 だいぶつのまつろのあわれなはなし
佐竹の原に途方もない大きな大仏が出来て、切舞台で閻魔の踊りがあるという評判で、見物人が来て見ると、果して雲を突くような大仏が立っている。客はまず好奇心を唆られてぞろぞろ這入る。——興業主は思う壺という …
題名が同じ作品
幕末維新懐古談:04 私の父の訓誡 (新字新仮名)高村光雲 (著)
幕末維新懐古談:68 楠公銅像の事 (新字新仮名)高村光雲 (著)