幕末維新懐古談ばくまついしんかいこだん26 店初まっての大作をしたはなし26 みせはじまってのたいさくをしたはなし
かれこれしている中に私は病気になった。 医師に掛かると、傷寒の軽いのだということだったが、今日でいえば腸チブスであった。お医師は漢法で柳橋の古川という上手な人でした。前後二月半ほども床に就いていました …
題名が同じ作品
幕末維新懐古談:04 私の父の訓誡 (新字新仮名)高村光雲 (著)
幕末維新懐古談:68 楠公銅像の事 (新字新仮名)高村光雲 (著)