幕末維新懐古談ばくまついしんかいこだん58 矮鶏の製作に取り掛かったこと58 ちゃぼのせいさくにとりかかったこと
かれこれ批評を聞いたり、姿形を研究したりしている間に、一月余りも経ってしまいましたので、いよいよ取り掛かることにしました。 材は桜です。その時分はまだ桜の材で上等のものが沢山あったが現今では甚だ稀です …
題名が同じ作品
幕末維新懐古談:04 私の父の訓誡 (新字新仮名)高村光雲 (著)
幕末維新懐古談:68 楠公銅像の事 (新字新仮名)高村光雲 (著)