幕末維新懐古談ばくまついしんかいこだん59 矮鶏の作が計らず展覧会に出品されたいきさつ59 ちゃぼのさくがはからずてんらんかいにしゅっぴんされたいきさつ
それから、三月一杯掛かって、四月早々仕上げを終る……その前後にまた一つお話しをして置くことが出て来る…… 美術協会の展覧会は、毎年四月に開かれることになっている。ちょうど私の製作を終ろうという間際にそ …
題名が同じ作品
幕末維新懐古談:04 私の父の訓誡 (新字新仮名)高村光雲 (著)
幕末維新懐古談:68 楠公銅像の事 (新字新仮名)高村光雲 (著)