“利溌”の読み方と例文
読み方割合
りはつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
などいう風に自分の意見を吹き込むので、度重なれば、未亡人は利溌な人であっても、やっぱりその気になって、政吉の意見に従おうとする。
お里の利溌を余計愛してゐた宗右衛門が、今はお里が誰よりも怖ろしくなつた。やがてそれがいくらかの憎しみともなつた。
老主の一時期 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
いずれにしても我々は慚愧に堪えぬ次第であると、私は心かにこの人の利溌さに驚いていたのであった。