“似我蜂”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じがばち66.7%
ジガバチ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“似我蜂”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 生物科学・一般生物学 > 生物科学・一般生物学11.8%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
少し飼いて余肉を損ぜさせじとて生きながら犬の肉をそぐなり、後世も専らこれを聞きたりと見えて、『似我蜂じがばち物語』に江戸の近所の在郷へ公より鷹の餌に入るとて、犬を郷中へささ(課)れけるという物語あり。
昔の人は観察が粗漏そろうであったゆえ、このはちがかく蜘蛛くもなどを捕えて巣の中へ運び入れておくのを見て、これは蜂が蜘蛛を養うて自分の子とし、我に似よと命じて巣の中に入れておくと、ついに化して蜂となって養親やしないおやの跡を継ぐのであろうなどと想像をたくましうして、似我蜂じがばちという名前をつけたのである。
動物の私有財産 (新字新仮名) / 丘浅次郎(著)
たとえば蜂の中で似我蜂ジガバチと名づける種類のごときは、日々遠方まで飛びまわって蜘蛛くも、その他の小虫をさがし集め、これを巣に持ち帰り、卵一粒ごとに若干じゃっかんずつを添えておくが、このようにしておけば
動物の私有財産 (新字新仮名) / 丘浅次郎(著)