“しょうにん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ショウニン
語句割合
上人57.8%
商人25.6%
聖人3.3%
証人3.3%
承認3.3%
小人2.2%
陞任2.2%
匠人1.1%
将人1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天竺南蛮の今昔を、にてもすように」したので、「シメオン伊留満はもとより、上人御自身さえ舌を捲かれたそうでござる。」
さまよえる猶太人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ちょうどそのとき、中津からくろがね惣兵衛という商人長崎にきていて、用事がすんだので、中津へかえることになっていました。
(間)私は比叡山奈良僧侶たちが憎くなります。かほどの尊い聖人様をなぜあしざまに讒訴したのでございましょう。あのころの京での騒動のほども忍ばれます。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
「だが、新聞にのっているし……りっぱな人たちが証人になってるしな」
「おまえは、おまえを拘引しようとした警官を何回も打ったことを承認するか」と、裁判官は言った。
「だが一ノ関は小人だ」と七十郎は呟いた
陞任をたいした喜びとは思っておりませんが、この場合の御挨拶にはどこよりも先にと思って上がったのです。通り過ぎるなどというお言葉は平生の怠慢をおしかりになっておっしゃることですか」
源氏物語:46 竹河 (新字新仮名) / 紫式部(著)
指物師が百円に負けて置くから買わないかといった立派な紫檀の書棚をじろじろ見ながら、彼はその二十分の一にも足らない代価を大事そうに懐中から出して匠人の手に渡した。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
『和名鈔』の時代には曾比、それが『壒嚢抄』には少微となり、近世に入っては少鬢ともなったが、なお播磨では将人伯耆出雲では初人備前美作では初爾といって