“定遠”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ていえん66.7%
さだとお33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“定遠”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大きな水柱みずばしらを揚げながら、「定遠ていえん」の沈没する所もあった。
奇怪な再会 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ひときわすぐれて目立ちたる定遠ていえん鎮遠ちんえん相連あいならんで中軍を固め、経遠けいえん至遠しえん広甲こうこう済遠さいえんは左翼、来遠らいえん靖遠せいえん超勇ちょうゆう揚威よういは右翼を固む。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
弾正忠だんじょうのちゅう藤原定遠さだとおと、その随員たちであった。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)