“鏡板”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かがみいた66.7%
かゞみいた33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天井や鏡板についてる画題は、小さくして肱掛椅子にも施されていた。またその寝台は、コロマンデル製のラック塗りの大きな九枚折り屏風で囲まれていた。
赤地の錦で、鏡板の松を藻に泳ぐ。……いや、もっと小さい。緋丁斑魚だ。緋丁斑魚結構。——おお、は出来た。姉さん、姉さん、いいものを持っているんだね。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
寢臺が、私の前に立つてゐて、右手には、背の高い、ずんだ衣裝箪笥があつて、薄暗い、斷續的の光線が、鏡板の光澤に強弱をつけてゐた。左手には、日除けりた窓があつた。
そのでもまづにつくのは、使つた馬具であります。これにはつただとかだとか、そののものがありますが、には兩側鏡板といふ部分にいろんなりがついてをります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)