“肱掛椅子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひじかけいす88.9%
ひぢかけいす7.4%
フオオトイユ3.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ジャンナン氏は肱掛椅子にすわり、事務机の上にぐったりとなって、血にまみれていた。その血はまだにぽたぽたたれていた。
おれの家の二階の窓際には、古ぼけた肱掛椅子が置いてある。おれは毎日その肱掛椅子へ腰をして、ぼんやり往来人音を聞いてゐる。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)