“日向大谷”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひなたおおや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“日向大谷”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション2.9%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本2.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
後で聞くと其処が日向大谷ひなたおおやで、両神神社の祠官の家の在る村だとのことであった。
奥秩父の山旅日記 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
その所為せいか登山道も、日向大谷ひなたおおや(明神社別当観蔵院、当山派修験)からの表口の外に、浦島(権現社別当金剛院、本山派修験)から両見りょうげん山に上って、長い尾根を西に伝い、二子山
奥秩父 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)