“日向守”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひゅうがのかみ87.5%
ひうがのかみ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日向守とは毎度会いはいたして来たが、戦場で会うは初めて。大将と大将とが、の太刀打ちいたすも、数日のうちにある。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ほどよく浩然の気を養いあそばしつつ、お昼食は三河島村先の石川日向守のお下屋敷、そこから川を越えて隅田村に渡り、大川筋を寺島村から水戸家のお下屋敷まで下って
として加番には戸田大隅守殿同植村土佐守殿町奉行には松平日向守殿鈴木飛騨守殿大番頭松平采女正殿設樂河内守殿御目附御番列座縁側には與力十人同心二十人出役致しいと嚴重へたり時に上段の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
へける是に町奉行鈴木飛騨守殿へも御相談となり是より御城代堀田相模守殿へ御屆に相成ば御城代は玉造口御加番植村土佐守殿京橋口の御加番戸田大隅守殿へも御相談となりしが先年松平長七郎殿のもあり迂濶には取計ひ難し先々町奉行所へ呼寄相調べ申べしと相談し御月番なれば西町奉行松平日向守殿は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)