“うさぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
97.5%
1.3%
0.6%
鵜鷺0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に荒されたらしいいたって不景気な豆畠に、もう葉を失って枯れ黒んだ豆がショボショボと泣きそうな姿をして立っていたりして
観画談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
義母につまゝれたやうなつきをして
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
ここに氣多に到りし時に、なる伏せり。ここに八十神その菟に謂ひて云はく、「まくは、この海鹽を浴み、風の吹くに當りて、高山の尾の上に伏せ」
また大字の頭字を一つずつ持ち寄って名を附けている所もある。『地方名鑑』などを見るとたくさんの例がある。出雲簸川日御崎の附近で鵜峠鷺浦の二大字を合わせて鵜鷺村というのがある。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)