“屋敷跡”の読み方と例文
読み方割合
やしきあと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
広々としたっぱには、一屋敷跡のようなところがあって、青々とした梅林には、がたくさんっていました。
僕はこれからだ (新字新仮名) / 小川未明(著)
板額女加治明神山の城主太郎祐森、古志郡のなり。又三歳の小児も知れる酒顛童子は蒲原郡沙子塚村の、今猶屋敷跡あり。雲上山国上寺行法印弟子なり。
板額女加治明神山の城主太郎祐森、古志郡のなり。又三歳の小児も知れる酒顛童子は蒲原郡沙子塚村の、今猶屋敷跡あり。雲上山国上寺行法印弟子なり。