“貸元”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かしもと75.0%
ハウス25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“貸元”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
土台がきまると、山の貸元かしもとになって、坐っていて商売が出来るようになりました、高利こうりは貸します。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
山ほど、銭金を積まれたって、いやだと思ったら、どんな貸元かしもとにだって、桃ひとつ、彫りゃしないわ。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
鶴代がアメリカへ着いたばかりのとき、爪のない川田の手をふしんな思いでながめていたが、カルタをあつかう指先が鋭敏になるように、爪を剥いでしまうのだと聞き、貸元ハウスとか親分ナムバアとかいわれる小原や石根のようなひとまでそうだったので、つまるところ川田もバクチウチなんだとあとで納得した。
復活祭 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)