“貸借”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かしかり75.0%
たいしゃく12.5%
たいしやく12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“貸借”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 天文学・宇宙科学 > 時法 暦学100.0%
歴史 > 日本史 > 日本史1.1%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
……境さん、貸借かしかりも、もとは味方、勘定は勘定、ものは相談、あなたとはお馴染なじみじゃありませんか。
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
夫人との間には、何の貸借かしかりもないが、準之助氏に対しては、そうは行かなかった。
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
また上士のはいは昔日の門閥を本位に定めて今日の同権を事変と視做みなし、おのずからまた下士にむかって貸すところあるごとく思うものなれば、双方共にいやしくも封建の残夢を却掃きゃくそうして精神を高尚の地位に保つことあたわざる者より以下は、到底とうていこの貸借たいしゃくの念を絶つこと能わず。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
彼はそれを、貸借たいしやくに関係した羞恥しうち血潮ちしほとのみ解釈かいしやくした。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)