“しゆんすゐ”の漢字の書き方と例文
語句割合
春水100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それから手前どもでも、春水を出さうかと存じて居ります。先生はお嫌ひでございますが、やはり俗物にはあの辺が向きますやうでございますな。」
戯作三昧 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
黙阿弥の劇中に見られるやうな毒婦は近松にも西鶴にも春水にも見出されない。馬琴に至つて初めて「船虫」を発見し得るが、講談としては已に鬼神其他に多くの類例を挙げ得るであらう。
虫干 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)